成約率を上げるには選択肢を与え過ぎないこと

人って欲張りな生き物です。

ついついあれもどうですかこれもどうですかと、なってしまいがちです。

しかしそれをやってると、本当にアピールしたいものがどんどん薄くなってしまいます。

特にネット上で成約を結びつけるには、選択肢を与え過ぎないことは重要です。

ブログ記事上、あるいはメルマガ上で、やみくもにリンクを貼りまくったりするよりかは、ある程度限定してそこへつなげることに集中させたほうが効果的です。

テーマを特定した媒体を作り、それに関する情報を発信し、それに沿ったものを売る。

結局シンプルが一番ですよね。

sidea.png

売れてるサイト・ブログの共通点

複数のサイト・ブログを運営していると、その中で成果がガンガン上がるものとそうでないものとが当然出てきます。

そうすると、成果が上がっているサイト・ブログにはある共通点が見えてきます。

それは

頻繁に更新している

「何だ、そんなの当たり前じゃん」て思いました?

そう、当たり前のことなんです。

でもそういった当たり前のことができてない人は多いと思います。

「頻繁に更新している」=「ページ数(情報量)が多い」

ともなりますので、やっぱりそういうサイト・ブログは強いです。

メルマガを配信してるのなら、マメに配信する。

サイト・ブログに関しては、ある程度まで行くと、ほったらかしにしてても大丈夫になります。

でもそこに行くまでは、泥臭い努力が必要なんですね。

sidea.png

ブログ内にあるリンクのクリック率を上げる簡単な方法

ウェブサイトやブログ等からリンクを貼る際、守っておきたいこと。

リンクの色は青に統一!!

どのサイトをみても分かると思いますが、リンクテキストの部分は下線が引かれてその部分の色は大体青色になってます。(既読リンクは紫とか赤茶色とか)

これ、ネット界の暗黙の了解みたいなものです。

これを守らないと、そのリンクのクリック率とかに影響出てきます。

逆にいえば、リンク以外のところではなるべく青色は使わない、下線も引かない。(上で思いっきり青色使ってますがこれは今回のみです)

ややこしくなりますからね。

ささいなことですが、これは守っておきたいことですのでお忘れなく。

sidea.png

セールスするうえで大事なこと

アフィリエイトに限らずですが、セールスするうえで意識しなければならないのはそれにより相手がどういったメリットを得ることができるのか。

つまりは売り手側のことばかりではなく、買い手側の立場にもっと立たなければいけないということです。

商品の特長・良さをゴリ押しするのに一辺倒になっていては、相手がちょっと引いてしまうこともあるでしょう。

ブログのタイトルをつけるときとかも同様ですが、相手がそれによりどんなメリットを得ることができるのか、これを意識しながらセールスはぜひやっていきましょう。

sidea.png

あなたのサイト・ブログを評価してくれる「グーグルページランク」

「グーグルページランク」というものをご存知でしょうか?

これは世界No1の検索エンジン「google」による独自なサイト評価のことをいいます。

評価は0~10までで、サイト開設からある程度の期間が経つと、基本的にどんなサイトでも評価されます。

その位置づけですが、簡単に書くと

 0~1:よくないサイト(あるいは開設したて)

 2~3:標準的なサイト

 4~5:人気サイト

 6~7:メジャーサイト

 8~9:ポータルサイト
 
 10:最高のサイト(これは世界でグーグル英語版のHPのみです)

といった感じです。

明確な定義はありませんが、私の経験上、こういった評価になっています。

通常は「4」まで行くとかなり評価が高いとされています。

芸能人とかのサイト・ブログになると大体「5」以上になってきます。

ミクシイとかまぐまぐとかは「6」か「7」。

そしてヤフーは「8」です。

このランクは「グーグルツールバー 」をインストールすれば誰でも見ることができます(「PageRank」という箇所から)。

結構、色んなサイトの評価を見て回るのは面白いので、気になる方は設定してみて下さいね。

 
あと、自分のサイトの評価がどのくらいなのかも見てみるといいと思います。

このサイト評価ですが、一般的にはリンクされてる数とその質が関係してくると言われてます。

つまり、ページランクの高いサイトから自分のサイトへリンクしてもらった場合、自分のサイトの評価にも好影響があるということですね。

そしてその数が多ければ多いほど当然よくなってきます。

ただし、この評価は絶対的に正しいかと言われれば、必ずしもそうではありません。

あくまでもグーグル独自の評価であって、目安程度のものです(サッカーでいうFIFAランキングみたいな感じ)。

評価が高いと検索エンジンで上にくる可能性も高くなりますが、評価が低くても上位表示されてるサイトは結構あったりもするのです。

sidea.png

複数サイト・ブログの運営も視野に!

初心者のうちは一つのサイト・ブログで稼ぐことに集中した方がいいと思いますが、そのうち複数のサイト・ブログを作成することも視野に入れておきましょう。

単純に考えて、例えば月に1万円しか稼げないようなサイト・ブログでも、それが10個あれば10万円稼げることになります。

稼いでるアフィリエイターは、大体が複数サイトを運営しています。

それに複数運営していると、稼げるサイトと稼げないサイトとが出てきて、その違いも見えて分析材料にできます。

複数サイト・ブログの運営も視野に入れておいて下さい

sidea.png

基本は1テーマ戦略

ネットビジネスにおける鉄則中の鉄則です。

あのアフィリエイトで稼ぎたいしあのアフィリエイトでも稼ぎたい!

と、ひとつのサイト・ブログにあれやこれやと色んなジャンルのもの
を詰め込んでいく・・・

これは効率が悪いです。

ネットビジネスでの鉄則は、1テーマ戦略。

例えば前にもご紹介しましたが、ダイエットに関する商品を売りたい
場合は”ダイエット”をテーマにしたブログやメルマガ、サイトなど
を作り、それに特化した情報発信をしていく。

そこでガーデニングとか、関連性のない情報発信やアフィリエイトを
していっても、あまり効果的ではありません。

ガーデニングのものを売りたいのであれば、またガーデニングに特化
したメディアを作ってそっちでアフィリエイトをしていったほうがい
いです。

ひとつのテーマに特化したものを作っていく。

ぜひここは心がけていって下さいね

sidea.png

短縮URLのメリットとデメリット

ツイッターとかやってると、短縮URLって良く見かけると思います。

長ったらしいURLを短縮して表示できるやつです。

ツイッターだと140文字という制限があるので、結構重宝されます。

あとメルマガでも長ったらしいURLだと2段に別れたりしてクリックしてもエラーになったりするので、短縮URLは結構使われます。

そんな短縮URL、「TinyURL」「bit.ly 」、「goo.gl 」などが有名ですが、これを使用するにはメリットもあればデメリットもあります。

特にアフィリエイトの場合は注意しておかないといけないことがあるので、そのデメリットを挙げておきます

●どこのサイトに飛ばされるかわからない不気味さがある

短縮URLって、大体が上記3パターンです。

逆に言えば、そのパターンが分かってる人にとっては、逆にどこにいくのかわからない不気味さがあるワケです。

●アフィリエイトには使えない場合がある

ASPによってはタグの改変に該当し、規約違反になる場合があります。

仮にその短縮URLからサイトに飛び、何らかの商品が購入されたとしても、カウントされないこともあります。

ここは注意しておきましょう

sidea.png

効果的なバナー広告の貼り方

バナー広告のアフィリエイトでよく見かけるのは、とにかくバナー広告をただぺたぺたと貼り付けているだけ。

これではあまりいい結果は期待できません。

基本的に画像だけでは満足にメッセージを伝えることもできませんので、その下にさりげなく紹介文を書くようにしてみましょう。

本屋さんで良く見るポップ広告のような感じです

sidea.png

バナー広告かテキスト広告か

アフィリエイトの広告には「バナー広告」と「テキスト広告」とがあります。

バナー広告は画像を使った広告で、テキスト広告は文字だけのもの。

これどっちがいいのかとみなさん悩む所なんですが、どちらも一長一短があります。

目立つのはバナー広告
クリックされやすいのはテキスト広告

です。

場合によっては組み合わせたり使い分けたりもしていてどっちが絶対にいいとは一概に言えないですが、個人的にはテキスト広告のほうを多用しています。

バナーだとどうしても広告臭くなるので、目の肥えたユーザーには避けられてしまいがちです。

ただそんなバナーですが、効果的にする方法もあります。

次回 はそれをご紹介します。

sidea.png