短縮URLのメリットとデメリット

ツイッターとかやってると、短縮URLって良く見かけると思います。

長ったらしいURLを短縮して表示できるやつです。

ツイッターだと140文字という制限があるので、結構重宝されます。

あとメルマガでも長ったらしいURLだと2段に別れたりしてクリックしてもエラーになったりするので、短縮URLは結構使われます。

そんな短縮URL、「TinyURL」「bit.ly 」、「goo.gl 」などが有名ですが、これを使用するにはメリットもあればデメリットもあります。

特にアフィリエイトの場合は注意しておかないといけないことがあるので、そのデメリットを挙げておきます

●どこのサイトに飛ばされるかわからない不気味さがある

短縮URLって、大体が上記3パターンです。

逆に言えば、そのパターンが分かってる人にとっては、逆にどこにいくのかわからない不気味さがあるワケです。

●アフィリエイトには使えない場合がある

ASPによってはタグの改変に該当し、規約違反になる場合があります。

仮にその短縮URLからサイトに飛び、何らかの商品が購入されたとしても、カウントされないこともあります。

ここは注意しておきましょう

sidea.png

コメントを残す